FC2ブログ

♪瀬野西音楽教室♪

音楽教室のこと。 日常のあれやこれや。

Profile

YOUTUBEやってます

yayoi

Author:yayoi
国立音楽大学フルート専攻卒。
東京・神奈川にて演奏活動、音楽教室で講師をしていました。
2001年より広島に来て、広島市安芸区でフルートとピアノの音楽教室をしています。音大・音高受験も対応します。

もっと知りたい?

Twitter

お気軽にお問合せ下さい♪

こちらから必ず返信します。万が一2,3日経っても返信がない場合はお手数ですがお電話下さると助かります。

名前:
メール:
件名:
本文:

Categories

Links

お気に入りにしてもらえる?

もちろんリンクフリーです。

Arcive

Recent

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Rakuten

Search

参加してます

クリックして下さると投票完了です。励みになりますので是非よろしくお願いします。 ♪いつも投票して下さっている方、ありがとうございます♪

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ADMINISTRATION

©Plug-in by ASIA SEASON

Amazon


ユーチューバ(バー)

最近YouTubeに投稿しています。
出来はともかく、楽しいの一言に尽きます。
時間を忘れて没頭出来るは良い。
けど、かなり家事が犠牲になっているのでそこは反省。。。

何故録音を始めたのかというと、音楽教室を探している方へのアピールからです。
どんな先生か分かったほうがアクセスしやすいと思って。なので音源は何でも良かった。
まずは過去録ったものをアップしてみました。

そこでいろいろ気が付く。
あれ?ボイスメモとかで音楽あげてる人なんかいないぞ?

どうやって録るんだろう・・・
から始まって「こうやって宅録するんだ」という道に入ったらあっという間に沼に落ちた。

諸先輩方が「とりあえずアップしまくって反省していけばいいんだ」と仰っていたのを教訓に、励んでいます。

録っていく中で気が付いたことは、音楽を聴く人は必ずしも演奏をメインに聴いているわけではないということ。
私は演奏する側なので録音状態がどうであれ、すんごく昔の演奏でも奏者のパッション、表現力などを聴くのですが、(というかそれしか聴かない)
演奏しない人に感想を求めたら
「録音がなんか・・・ちょっと・・・・」と言われ、「そういうところも評価になるのか!」とこの歳にして初めて気がついたという。。。

演奏も納得できるようにしたいし、録音も聴けるレベルにはしたい。
欲深くやっていこうと思う。

クラシックもやりたいんだけど、テンポのゆれとかアンサンブルが難しいなぁ。。。
でも頑張ってみよう。

スポンサーサイト



ゼミナールという勉強会

大学時代、門下の同級生4人で勉強会をしていたのだが、その名も「ゼミナール」。
自分のことは棚に上げきって取れないくらいにしておいて、お互いを酷評し合う会。といったら良いかな。
今でもあれは勉強になったなーと思うのだ。
一生懸命練習して発表して、でもまだまだ足りないところを発見させて貰って、なんだかこの先途方もない道のりだなぁと思って、頑張ってたな。
あの時間は宝だったと思う。
大人になると面と向かって酷評してくれる人は稀になるので、いつも間にか自分に甘くなる。
自分で自分を酷評して、突き詰めていきたい、そんな事があるのは幸せなことだ。

中華にモーツァルト

良く行く中華料理店ではクラシック音楽が流れていることが多く、今日はモーツァルトのホルン協奏曲でした。



アドラー心理学

ブログを書くということが日課に組み込まれていないので、またまた2か月も空いてしまったのですが、昨日は大量に「つくりおき」を作っておいたので少し余裕がある昼下がりです(実はエアコンが故障したので電気屋さんの連絡待ちのため家を空けられない)。
岸見一郎先生のご著書を数冊拝読いたしまして、やはり「ほめる」教育は違うのだなと改めて納得。
本を読み、いろいろ納得出来ることは多くても、実践となると難しい。

よくあるパターン。

一回で〇をもらうと喜ぶ。
つっかえると落ち込む。
ワークで間違えると〇をもらいたいので間違いを正し、〇をせがむ
間違ったらイヤなので、答えを口に出せない、という子も同じタイプなのかな。
間違ったら斬られちゃうとか撃たれちゃうとかじゃないからさーいいんだよ。答えを間違ったアナタを全否定するわけじゃないし、怒ったりしないし、言ってごらん。
と、くどくどと(笑)言って誘導すると、大抵正しい答えだったりして。
このタイプの子はいわゆる「できる」子が多い。なんでも条件反射的に、出来る。理解も早い。無意識に大人(私も含め)は褒める。そして、褒められないとやる気が失せる。出来ない自分は許せない。
そんなパターンであろうかと思う。
そう言っている自分でさえ、出来は悪いが、そのパターンの人間だろう。

どれも「合格」が欲しい。〇が善で×は悪なのだ。
×にこそいろいろ宝が隠されているのに。

練習の過程を楽しんで欲しいし、訂正した箇所を理解する楽しみを覚えて欲しいと私は思うのですが、なかなか一筋縄では行きません。
ただ、それを相手に言ったところで、これは自分を否定されているということにしかならないのかもしれない。
相手を変えることは出来ないので、私のアプローチを変える必要があるのでしょう。


競争をせず(人とも自分とも)、自分の楽しみのために、やる。
意外とできないものです。自分だって、出来ていない。
この辺で最近私は教えながらも、自分のことも、試行錯誤をしています。




やはりブログが続いてない

今年こそはマメにブログを更新しようと思いつつ、結局全然書いてない!
書くようなこともないヽ( ´_`)丿

パソコンもいよいよ買い換えたほうが良いと思われるくらい、書き込みの編集がとってもやり難い。
スマホから投稿すればいいのでしょうけど画面が狭いと文章が考えられないんですよね。
考えてもその程度の内容でしょ?と思わないでね(。>ω<。)ノ

言い訳するのはやる気のない証拠。

フルートだったらどんな言い訳もしないでやろう!と思うんだけど、それ以外のことになると言い訳だらけの人生です。
言い訳しつつも、やればいいのです。誰に責められるわけでもないんだから。
頑張らないでいこう。そう思えるような歳に、なりましたねぇ。。。。


前後の記事の案内

Copyright © ♪瀬野西音楽教室♪ All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン