FC2ブログ
音楽教室のこと。 日常のあれやこれや。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 2018年お世話になりました
2018年12月28日 (金) | 編集 |
2018年も残すところあと少しとなりました。
今年は7月中旬に発表会を予定していましたが、あの未曽有の大災害のよりやむを得ず延期にさせて頂いたことが私の中では一番の大きな出来事でした。
延期により学校行事と重なってしまったり、ご家庭の事情で参加出来なくなった方もいらっしゃいました。
リハーサルの時間もままならないような短時間しか会場が取れませんでしたが、中止ではなく、延期出来て本当に良かった。
写真屋さん、お花屋さんも発表会の延期にお心遣いを頂き、延期された日にもまたご協力いただけて本当に有難かったです。
来年も9月に発表会を予定しております。
ステージで1年間の練習の成果を発揮して頂き、一歩でも二歩でも前進したご自身を感じて下さい。
なんていうと尻ごんでしまう方もいらっしゃるのですが、間違えても思い通りに出来なくても、いいんです。
ステージに立つという経験が貴重なのですから。

来年は、来年こそは、まめにブログを更新しようと思ってます。頑張ります。。。。




スポンサーサイト

 第6回発表会終了
2015年09月18日 (金) | 編集 |
9月13日(日)に発表会を終えた。
今年は当日の欠席が一人もなく(多分これ、初めて?)なんとか無事終了しました。

今回は、前半はストーリー仕立てにしました。
生徒さんが曲から想像した風景を私が脚色して、台本作って、私が読むんじゃ可愛くないので(笑)ウチの娘を借り出してやってもらい、後半はちょっと音楽史っぽいお話。
得意分野とは言えないことをしたので台本を作るのにかなり時間を割きましたが良い勉強になりました。

弾くだけじゃなくて、みんなで一つの音楽会を作りたいなぁというのが理想なんだけどなぁ・・・
次回はもっと面白いものにしたい。

で、当日はK先生と私で慌ただしく進行したので、写真は一枚も撮ってない!!!

そしてオツカレ極まり、荷物を会場に忘れて帰るという大失態付き!!!

まぁ懲りずにまた頑張りましょう。





 言いたいことを言える
2015年07月14日 (火) | 編集 |
教育現場が変わったのか、住むところが違うのか分からないけど、子どもの参観日に思うこと。
それは子どもが発言する機会が多いということ。
いろんな意見をぶつけ合える時間が、私が体験してきた義務教育時代より、はるかに多いような印象。
その影響だろうか。私の見ている生徒さんたちは、物おじせずに自分の意見を言えるし、自分の考えを持っているように思える。素晴らしいことですね。

音楽を鑑賞する上では何を想像したって良い。正解も不正解もない。
この曲を聴いて、どんな感じがする?どんな表情だと思う?
いろいろ想像してみて。
想像しても恥ずかしくて言えない子もいる。それはそれで良い。口に出さなくてもいいから音で伝えてって言う。
本当は、口に出して言えることが大事でもあるけど、それはまずは置いておく。。。言えない子でも、そのうちに言えるようになるだろう。

先生の言うことを良く聞くこととか、技術を磨くとか、大事かもしれないけど、もっと大事だと思うことは、自分が何を考えて何をしたいのか、それを伝達できること。ではないかな?
楽譜を読めて指が動きます。はい。簡単。おしまい。でも何も伝わらない。これではいけませんね。

「先生はこう仰ったけど、私はこうだと思います。」

と意見出来る素晴らしい子もいる。
なるほど。そういう見方もあるんだね。私はこれこれこの部分がこうだから、こうしようと思うんだけど、あなたは?なぜそう思ったの?

なんて議論するのも、楽しいものです。




 毎日3分
2015年05月12日 (火) | 編集 |
練習は、何故するのか。
まぁ小難しい云々は長くなりそうだから割愛。

とりあえず、しないと弾けない⇒面白くないの連鎖が始まるので、練習していない子には早急に手を打たねば!と思ったら

「毎日3分でもいい。毎日キツいなら2日に一回。とにかく3分だけでも弾くこと」が宿題。

3分やったら、もうちょっと。。。。となることもあるので、それを期待して。
翌週には必ず効果がある。
何度も弾くと相対音感がつき、次に新曲を見始めるのにも効果てき面。

練習する子で、一か所だけなかなか出来ない。
そんなときにも「ここだけ一分。」
一分間で練習するのは3音まで。
ドミソの連鎖が悪ければ、そこだけ取り出して1分。
以外と3音だけの一分間は長い。

タイマーで、1分だけ集中してやる方法。

それでダメなら他の方法で翌日に一分。

出来るまで根気よく!すぐに結果を期待しないで!
なんて言い続けてます。

一回で出来ないと諦めちゃう子が居ます。
繰り返し練習しないと出来ないことで根気を養う。音楽ってそういうことも学べると思います。

受験時代、師匠に言われたのは
一音10分間ロングトーン。2時間楽器は口から離さない!
練習は楽譜一段につき2時間はかけないと!

そういうところで育ったから、根気だけはついたと思うし、音楽に関しては気が長い。
すぐに投げ出さず、地道にコツコツやりましょう!




 ぴかぴかの1年生
2015年04月21日 (火) | 編集 |
ぴかぴかの1年生がウチの教室にも数名。
楽しかったこと、新しく体験したことなど、楽しそうに話してくれる。
元気に登校しているようで、安心。

そしていつものことだけど、この1年生たちはやっぱり、楽しく張り切る中で、かなり緊張している。
いつも集中力がある子も、一時的にぽわ~んとしていたり、新しいことを覚えることを躊躇したり、弱気な面が見えることが多々ある。

あぁ毎日頑張ってるんだなぁ。。。。と思うと、先生目線でなく母親目線になってウルっとしてしまう。

我が子がぴかぴかの一年生だった時には、私もぴかぴかの一年生母なので、我が子の緊張度合に気が付いてあげられなかった。母だって、新しいことばかりで余裕もないものね。言い訳かな?

だから、生徒さんにはそういう面でフォローが出来たらなぁと、この時期を過ごしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。