FC2ブログ
音楽教室のこと。 日常のあれやこれや。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 言いたいことを言える
2015年07月14日 (火) | 編集 |
教育現場が変わったのか、住むところが違うのか分からないけど、子どもの参観日に思うこと。
それは子どもが発言する機会が多いということ。
いろんな意見をぶつけ合える時間が、私が体験してきた義務教育時代より、はるかに多いような印象。
その影響だろうか。私の見ている生徒さんたちは、物おじせずに自分の意見を言えるし、自分の考えを持っているように思える。素晴らしいことですね。

音楽を鑑賞する上では何を想像したって良い。正解も不正解もない。
この曲を聴いて、どんな感じがする?どんな表情だと思う?
いろいろ想像してみて。
想像しても恥ずかしくて言えない子もいる。それはそれで良い。口に出さなくてもいいから音で伝えてって言う。
本当は、口に出して言えることが大事でもあるけど、それはまずは置いておく。。。言えない子でも、そのうちに言えるようになるだろう。

先生の言うことを良く聞くこととか、技術を磨くとか、大事かもしれないけど、もっと大事だと思うことは、自分が何を考えて何をしたいのか、それを伝達できること。ではないかな?
楽譜を読めて指が動きます。はい。簡単。おしまい。でも何も伝わらない。これではいけませんね。

「先生はこう仰ったけど、私はこうだと思います。」

と意見出来る素晴らしい子もいる。
なるほど。そういう見方もあるんだね。私はこれこれこの部分がこうだから、こうしようと思うんだけど、あなたは?なぜそう思ったの?

なんて議論するのも、楽しいものです。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。