FC2ブログ
音楽教室のこと。 日常のあれやこれや。
 猫の事務所
2012年04月21日 (土) | 編集 |
長男が「面白いから読んで」と学校の図書室で借りてきた宮沢賢治の「猫の事務所」を何度も薦めるので、読んだ

お恥ずかしながら、猫の事務所って初めて知った。
確かに、ぐっとひきこまれる。
かま猫のさみしさ、孤独感を自分のことのようの感じたり。
最後のくだりもビックリで。

で、長男はどこが面白く感じたのか聞いてみると、的を得ない答えだったので賢治の意図は汲み取っていないとみたが、特有の世界観は感じたのかな。
少ないながら賢治の本はあるので、もう一度読み返そうと「銀河鉄道の夜」を引っ張り出した。
あの出だしが切ないね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック