FC2ブログ
音楽教室のこと。 日常のあれやこれや。
 マーラー 交響曲第9番
2014年08月06日 (水) | 編集 |
普段能天気に過ごしているので「死」を考えることは、ない。
というか、回避している、と言うべきか。考えたくないというのが本音かな。

マーラーの交響曲第9番。これはスゴイと思う。
言葉無くして人生のすべてを語る。
宗教家は「あの世はあります。輪廻転生、死は怖いものではありません」と説く。よく分からないけど(笑)そういうのが多い印象(笑)
マーラーは、そんな目線ではなく自分自身の感情と共に死を考えさせる。

不安、落胆、喜び、悲しみ、怒り、それらを全部吐き出した後の4楽章は
(注・この先私の想像の翼)死を前にして体を横たえている。
あぁもうすぐ死ぬのかもしれない。いろんな後悔が押しよせ、全部受け入れる準備をしたところで冥界の使者登場。
さぁ旅立ちましょうとのお誘い。
いざ旅立とうとするが、ここでお別れしないといけなくなる大切な人との別れに心が張り裂ける。。。。
最後には、全て浄化される。。。

昨日は広島交響楽団「平和の夕べ」コンサートにて、マーラーの交響曲第9番、エキストラで2番フルートのお手伝いさせて頂きました。
4楽章の練習の際には毎回そんな想像の翼を広げては涙を堪える(笑)みたいな。
今回も団員の諸先輩方にサンドウィッチされ、本当に多くのことを学びました。
現場は、反省も多く残りますが(あんまり残してはいけませんが。。。)何より力強いパワーを分けて頂けるようで、本当に有難いです。
今後も精進し、死ぬ前はどうせ後悔するんだろうから(笑)、あれこれあまり考えずに(?)今できることを全力で、するしかないなと思った一大イベントでした。






スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック